DWファイバー(フルボ酸混合) 概要

DWファイバーとは...

原材料には国産の間伐材や林地残材や河川木を用いて、これらの木質資材を爆砕処理することによって、ランダムな繊維形状を持つ木質資材。

通水性・保水性が高く土壌改良材としての機能を発揮しつつ、植物活性剤のフルボ酸も混合していることから、植物の生育を促進する資材である。

DWファイバー容姿
DWファイバー容姿
一般的な破砕チップ
一般的な破砕チップ
DWファイバー断面
DWファイバー断面

<製品仕様>
原材料:バージン木材(バーク・葉を含む) 建設廃材不使用 樹種は限定しない
外観 :不均一に繊維状
嵩密度:350kg/m3未満
荷姿 :1000L フレコン入り

DWファイバーの特徴

DWファイバーの特徴

・バージン100%の木繊維であり、分解・土壌化するため環境負荷がない。
・ランダムな繊維構造により、通水性・保水性が高い。
・植物活性剤であるフルボ酸を混合していることにより、植物の生育を促進。
・フルボ酸を混合することで、土壌粒子を凝集コロイド化して団粒化を促進。
・空気を多く含み断熱効果により、地温の変化を抑制。
・国産の間伐材や林地残材・河川木などの資源を有効活用。

施工事例(土壌改良)

通水性試験

DWファイバーの混合量を変えた試験盛土
DWファイバーの混合量を変えた試験盛土
長谷川式現場透水試験を実施
長谷川式現場透水試験を実施

試験結果 試験結果

Copyright©2014 SNSE . All Rights Reserved

ご利用規約 | 個人情報保護方針