仮設ECOバインド工法 概要

本施工時の安全を確保するために、短期的に斜面保護を図る工法です。

仮設ECOバインド工法 施工方法

  1. 法面清掃

    以下の点に留意して法面清掃を実施して下さい。
    1. 不安定な岩塊は事前に除去して下さい。
    2. 不陸凹部にある堆積土砂は、エアーブローで清掃して下さい。
  2. 使用機器

    使用機器を以下に示す。
    1. 骨材は計量器で計量し、ベルトコンベア上で固化材と混和材を混合する。
    2. 次に材料を吹付機で撹拌する際に加水する。加水量は、1バッチ当たり9.5㍑を基本とする。
    使用機械 規格 数量 単位
    モルタルコンクリート
    吹付機
    湿式 0.8~1.2㎥/h 1
    空気圧縮機 可搬式エンジン 10.5~11.0㎥/min 1
    発動発電機 ディーゼルエンジン駆動 15kVA 1
    計量器 骨材累加計量・機械式 300kg×1槽 1
    ベルトコンベア 7m,1.1kW 2
    揚水ポンプ 小型渦巻きポンプ (呼水式片吸込形 口径50mm) 1
    仮設ECOバインド工法プラント概略図
    仮設ECOバインド工法プラント概略図
  3. 施工方法

    落石が懸念される岩の根元については、やや厚く吹き付けてください。

    吹付状況
    吹付状況

    本施工の作業前に変状(亀裂や小崩壊、湧水状況)の有無を確認してください。

    施工完了・本施工実施
    施工完了・本施工実施

Copyright©2014 SNSE . All Rights Reserved

ご利用規約 | 個人情報保護方針