SSLアンカー工法 概要

SSL永久アンカー工法協会 SSL永久アンカー工法は拡孔支圧型のP型、M型、周面摩擦先端圧縮型のCE型の3工法からなります。

SSLとは

SSLとは「 S pecial S upport L atch」の略称であり、アンカー体と定着地盤との嵌合すなわち「はまり合い」機構における特徴を強調した呼称です。

SSLアンカー工法は、さまざまな地盤に応じた全く新しい嵌合(はまり合い)機構"拡孔支圧型アンカー体"を形成することにより、従来の周面摩擦型アンカーの弱点であるアンカー体と定着地盤との進行性劣化を克服しました。

SSLアンカー工法は進行性劣化の影響を受けにくいので、アンカー定着長を短くすることができ、かつ定着機構をより完全なものとしました。

SSL-P型・M型アンカー工法は(一財)砂防・地すべり技術センターから技術審査証を取得いたしました。

進行性劣化の克服

設計アンカー力は定着地盤の一軸圧縮強度(σc )と所要支圧面積(F)をもとにして算出されます。確かな理論がシンプルな設計手法を確立し、定着地盤に対応したP、M型の拡孔支圧型と周面摩擦先端圧縮型のCE型アンカー体が長期耐久性を確かなものにしました。

大地に根付く

グラウンドアンカーの定着地盤は必ずしも安定地盤ばかりではなく、粘土等の軟弱地盤から極硬岩まで、さまざまな地盤が対象となります。「大地に根づく嵌合メカニズム」これがSSL永久アンカー工法です。 大地に根付

適用範囲

適用範囲

注:SSL-CEアンカーは一軸圧縮強度が5~20MPaの場合は試験予定のテンドンで引抜試験を
実施し極限引抜力を求めておく必要がある。ただし、RQD60%以上とする。

Copyright©2014 SNSE . All Rights Reserved

ご利用規約 | 個人情報保護方針