SSLアンカー工法・Q&Sフレーム工法 九州地区工法説明会の...

2018年08月28日 情報

SSLアンカー工法・Q&Sフレーム工法 九州地区工法説明会

 近年、地球温暖化の影響による局地的な集中豪雨の発生、さらには大規模地震の発生等により斜面災害が頻発し、斜面防災対策の必要性が高まっています。 その一方で、斜面災害の対策においては斜面の単なる復旧にとどまらず、コスト縮減、構造物の性能・耐久性の向上、環境への配慮が求められています。 当協会におきましては、これらの諸事情を踏まえ斜面災害の復旧工法であるアンカー工・法枠工に関する最新の技術動向と自然災害の実態や斜面防災に関する知見の習得を図るため、 以下のとおり工法説明会を企画いたしました。

SSLアンカー・Q&Sフレーム工法 九州地区工法説明会

日 時:平成30年9月7日(金)13:00~17:00 (受付12:00~)
主 催:SSLアンカー協会・Q&Sフレーム協会 九州支部
会 場:電気ビル 共創館 3F 「Aカンファレンス」
    〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2-1-82
    TEL:0120-222-084
内 容:SSLアンカー工法の設計・施工について
    Q&Sフレーム工法の設計・施工について
    特別講演

-特別講演-
『近年の異常豪雨における九州の地盤災害とその教訓』
  九州大学 大学院工学研究院教授 安福 規之 様

Copyright©2014 SNSE . All Rights Reserved

ご利用規約 | 個人情報保護方針