仮設ECOバインド工法

長野県 治山工事

施工年度 平成20年度
施工面積 約1,200㎡
斜面匂配 1:1.2
基盤厚 5cm
工法概要と経緯 当現場は落石の危険性の高い斜面を背にして治山堰堤を建設する必要があったため、安全対策として仮設ECOバインド工法が施工されている。現場担当者や作業員から、変状等が目視できるし、最も危険な作業となる取り壊しの必要がないこと等が評価をいただいた。
施工前
施工前
次へ
 仮設吹付工実施状況
仮設吹付工実施状況
次へ
本施工実施
本施工実施

Copyright©2014 SNSE . All Rights Reserved

ご利用規約 | 個人情報保護方針